<< オークランド The Food Show | main | トンガリロの噴火 >>

ニュージーランドのオリンピック

2012.08.07 Tuesday
0
     
    ロンドンで開催中のオリンピックも大変な盛り上がりを見せています。
    昨晩(NZ時間)の陸上女子砲丸投げでは、金メダルを大いに期待されていたValerie Adams選手が銀メダル、という結果に終わってしまいました。

    それでも、メダル獲得数で盛り上がっているここニュージーランドです。
    と言っても、NZのメダル獲得数は8個でランキングは3個のゴールドが幅を利かせているもの15位(NZ時間8月7日11:00現在)。
    では、なぜそんなに盛り上がっているのか?


    お隣のライバル国、オーストラリアを大きく引き離してるからです!

    現時点でオーストラリアは日本の次で19位。メダル数はNZより多い22個なんですがね。。
    金メダルの獲得数で順位が離れました。
    これ、ニュースやCampbell Live(平日7時からのトークショウ, 多くのKiwiたちが視聴)でも取り上げられています! 昨日のCampbell Liveではわざわざシドニーまで出向き、そこ行くオージーたちに「オリンピックのNZのメダル獲得ランキング知ってるかい?」などとインタビューしていました。
    オーストラリアのオリンピック選手陣も記者会見で「前の日によく眠れなかったんだ。コンディションが悪かった」「オーストラリアは小さな国だ。出場選手も少ないじゃないか」等と(メダル獲得数の伸びない?)釈明のようなコメントを残しているそうで…。でもちょっと調べたらオーストラリアの出場選手数は決して少なくない! 開催国イギリス、アメリカ、ロシアに次いで第4位で414名。NZは199名です。(ちなみに日本は305名)


    でも、これについては北京オリンピックのときに快調だったオーストラリアのメダル数で、NZにかなり嫌みなアピールがあったとの話。(実際、オーストラリアは金メダル14個を含む46個のメダル獲得です) 今回のメダルランキングの盛り上がりは、その反動で今回はNZ側からのリベンジなのでしょうかね。

    北京オリンピックでは、獲得メダル総数が9個といまいち奮わなかったNZですが、国の人口に対するメダル獲得数の割合を計算するとかなり上位になるらしいです。(詳しい数字はわかりませんが…)そんな別の視点からも盛り上がるニュージーランドのオリンピックです



                
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ニュージーランド滞在ならJTC
     他の英語圏と比べて比較的物価の安いニュージーランドへの留学、ワーキングホリデー、ショートステイはJTCにお任せください。 ニュージーランド設立の会社だからこそできる低価格のサポート費用をご提供いたします。 詳細は http://www.jtc.co.nz をご覧ください。
    ランキング参加してます!
    ★クリックお願いします★ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
    にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(オーストラリア・NZ)へ
    にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
    人気ブログランキングへ
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」